フランチャイズ卒業

担当に勧められ、

奈良市にある商業施設に出店したときのことです。

平日の割にはそこそこの売り上げでしたが、

建物全体を覆う重苦しい空気と暗さが気になっていました。

 

 

なんとなく、ここは長く出店する場所ではないような気がして、

担当に出店を控えたいことを伝えました。

 

 

というのもイベントとは違って、

通常出店の場合は、一つの場所を育てていきたいという思いがあったからです。

イベントは一発勝負、集客力が左右するけれど、

通常出店は時間をかけて育てていくもの。

一時的に売り上げが良ければいいわけではない、と考えていました。

 

 

今は良くてもそのうち売れなくなるでしょう。

それに、この先もこの場所に出店しているイメージがまったく湧いてこない。

 

 

担当は売れているのに何でそんなことを言うのか、わからないみたいで…

すんなり承諾してくれませんでした。

 

間をおいてもう一度伝えたら、

この商業施設は、わたしが受け持ちだというのです。

「出店してみませんか?」

という言い方だったから軽い気持ちで出店したのに、選択肢はないような言い方。

フランチャイジーはわたしだけじゃない。

みんなが交代で出店したらどうかと持ち掛けましたが、

わたしがやれと言ってききません。

しまいには、

「少しは会社に協力できないのか」

と高圧的に言われました。

 

 

そもそもわたしは社員じゃありません。

フランチャイザーとフランチャイジーの関係です。

立場としては同等で、強要されることはないはず。

 

 

それに「協力」ならたくさんしてきました。

出店時の写真を勝手にブログに使用されても黙っていたし、

担当が社長を恐れて、ミスを隠そうとしていることもわかっていました。

騒げばよかったのでしょうか?

ダブルブッキングや出店条件の伝え間違い、数々の失礼な態度…

 

 

出店先を紹介してやっているつもりかもしれませんが、

わたしたちフランチャイジーがいるからこそ、

実体を大きく見せることができ、

すべての仕事を断ることなく企業と取引できるわけです。

出店することで宣伝してやっているのです。

企業なんて一度断ったら、次はないでしょう?

 

 

 

腹が立ち、

「奈良市まで行かなくても、近所の○―○ワ(スーパー)で十分です」

と言ったら、

「遠くの○―○ワに出店させることもできる」と言われました。

どこまで本気かわかりませんが、許せませんでした。

「わかりました。もう出店先を紹介してくれなくても結構です。」

 

 

それから、ひと月たった頃でしょうか?

担当から出店先を紹介すると、連絡が入りました。

 

 

その頃ニュースで、奈良市の商業施設が半年後に閉店すると流れたばかり。

出店先が決まっていなかったため一旦戻りましたが、

結局フランチャイズとは決別。

独立してやっていくことに決めました。

 

 

 

キュウリ全盛期です!!

連日の雨のせいで太ったキュウリが大量にとれます(笑)

カラスもキュウリをお気に召したらしく、

10本ぐらいつつかれていました。

毎日毎日毎日、キュウリを食べています(笑)

キューちゃん漬け、浅漬け、サラダ、酢の物、みそ炒め、なんかよくわからないもの…

いろいろ作っています(笑)

料理っていうより、科学の実験みたいな感じになってきています(笑)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA