ちょっと待った!フランチャイズ加盟の前に考えること

 

移動販売をやってみたいけど、何から始めたらいいのかわからない。

 

未経験の多くの人が抱える共通の悩みだと思います。

 

わたしも最初、はじめ方がわからなかったので、

フランチャイズに頼りました。

失敗したくなかったし、何しろ営業がまったくできない人だったので(笑)

 

そして1年後に思ったことは、

「はじめから自分でやれば良かった。一人でもできたな…」

です。

 

生意気かもしれませんが、ホント~に必要なかった(笑)

お金の無駄遣いでした。

むしろ精神衛生上大きなマイナスで、

フランチャイズに加盟したことを何度後悔したかわかりません。

 

だ・か・ら、

わたしみたいな失敗を経験しなくてもいいように、

移動販売のはじめ方を、

自分の経験を踏まえて紹介していきたいと思います。

 

「フランチャイズに頼らなくても、自分でできる!」

 

そのことを知ってほしくて、このブログを更新しようと思いました。

ちなみにわたしがいうフランチャイズとは、クレープ屋のこと。

他の商材のフランチャイズのことは、よくわかりません。

ただ、考え方の基本は同じだと思います。

 

 

そもそもフランチャイズが何かわからない人もいるでしょう。

調べればわかることですが、

「フランチャイズとは、本部と加盟店が事業契約を結び、

加盟店は本部が用意したビジネスパッケージを使って開業、

その見返りとして加盟金やロイヤリティを支払うこと」

を言います。

 

そして、その加盟金とは

1 営業許諾料

2 商標・サービスマークの使用料

3 開業準備費用

4ノウハウ開示の対価

のことを指します。

 

わたしが加盟したフランチャイズ(以下B社と呼びます)は、

加盟金、ロイヤリティなしと謳っていましたが、

キッチンカー購入は絶対条件なので、これが加盟金と考えていいでしょう。

 

ロイヤリティとは、加盟者が定期的に支払う金銭のことです。

B社においては、

仕入れの強要と巻紙の購入がこれに当たると考えています。

 

実際に加盟してわかったことですが、

あくまでも「開業支援」であり、売上を保証するものではないということ。

 

 

特に、移動販売という自由度の高い働き方(稼働率、地域性、出店形態など様々)は、フランチャイズ本部にとってサポートしにくいものと考えられます。

 

平日は会社に勤め、土日だけ稼働する人もいれば、

週5日稼働する人もいる。

 

商業施設や学校などが密集している都市部もあれば、

田園に囲まれ、

「クレープとは何ぞや?食えるのか?」

とのたまうお年寄りが集う地域もある。

 

イベントを中心に不定期に出店するスタイルもあれば、

曜日と場所を決めて出店するスタイルもある。

 

本当にケースバイケース。

自分で開拓していくしかないのです。

 

高い加盟金を支払ったのだから、

手厚いサポートを期待したくなる気持ちはよくわかりますが、

本部が加盟店を募るのは、

加盟店を増やすことで経営を安定させるため。

 

そこをドライに捉えることができないなら、

フランチャイズに加盟するべきではないと思います。

 

 

ただ、例外はあります。

それは商材に惚れ込んだとき。

他の追随を許さないほど美味しくて、真似できない技術がある場合は別です。

 

 

移動販売を開業したばかりの頃、

おいしいクレープを食べたくて京都に行ったことがあります。

その店名を「ドラゴンクレープ」といい、

メニューを見た瞬間、これだ!と直感しました。

生地の焼き色や、

フルーツやクリームのトッピングが洗練されていて、

パティシエが考案したものだとすぐわかりました。

 

まるで、薄い求肥を食べているようなモチモチした食感に驚き、

個人のブログから、

安食雄二さんが考案したことを知りました。

 

 

もし、ドラゴンクレープが移動販売のフランチャイズを募集していたら、

やる価値はあるな…と考えています。

 

 

なかでも感動したのは抹茶のクレープ。

「抹茶ショコラクリーム・プレミアム」と「抹茶鳴門金時クリーム」

お腹がいっぱいでも食べ続けたいほど、おいしかったです!

 

最後にもう一度繰り返しますが、

フランチャイズに加盟する場合は、商材に惚れ込んだときだけ。

商材以外の理由で加盟することはやめてください。

もし、商材に力があるのに売れない場合は、単純に知られていないだけ。

どんなにおいしくても、知ってもらわなくては売れませんから。

 

 

そう思いませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA