久々に帰省しました!

静岡バス横転事故が起きたとき、ちょうど三島駅に着いた頃でした。

 

有給を使って実家に帰省したのですが、

ニュースをみてビックリ。

実家からわりと近く、

確か富士山を登るときにふじあざみラインを通りました。

で、五合目には山小屋があって、

キノコパスタと山椒のパスタ、キノコ茶がとても美味しかった記憶があります。

 

 

帰省中、富士山を見ることができたのは一瞬だけ。

その時写真を撮っておけばよかったのに、

まさかずっと雲に隠れているとは思いませんでした(泣)

久しぶりに帰ったのに!!

 

 

 

今回帰省した目的は、父のお墓について話し合うため。

父は5人兄弟の次男で、本家のお墓は長男が守っています。

だから、新たにお墓を建てる必要がありました。

 

 

お墓について詳しい方に尋ねると、

建てる際には注意しなくてはいけないことが多々あるそうです。

そのことを母に伝えましたが、

費用もかかるし、父のことを強く恨んでいました。

 

 

 

わたしは死んだら水が蒸発するのと同じように、

魂も消えてなくなるものだと考えていました。

だからお墓なんていらないし、

葬式なんて必要ない。

「千の風になって」の歌詞にもあるように、

自然の一部となり、

新しい命の材料に使ってほしいと願っていました。

 

 

だけど、そういうわけにはいかないみたいです。

死んでもなお、生き続けなくてはいけないらしい。

肉体がないだけで、

霊界(死後の世界)は現界の延長、続きであり、

死んだからといってリセットされるわけではないようです。

だから死に際の境遇はとても重要。

 

 

父を反面教師にするわけではありませんが、

わたしは優先順位を間違えてはいけない、と思いました。

自分と同じ側に立つ

身近にいる人を大切にした上で、

かかわっている人を大切にしよう。

 

 

父は母親や兄弟に対して異様に優しく、母やその身内に対して酷く冷たかった。

腹が立つし、その差が気持ち悪かった。

 

 

 

ちびまる子ちゃんじゃないけれど、人の気持ちはおやすみ3秒。

3秒あれば変わるほど、移ろいやすいもの。

長い時間を一緒に過ごせば、嫌なところも見えてくるしいろいろあると思います。

だけど、人ってそんなに単純なものじゃない。

いろんな側面がある。

わたしだって長いこと生きてきて、未だに自分のことがよくわからない(笑)

だから簡単に諦めないで、

相手の中にあるいろんな側面を面白がって、探してほしかったな…と思いました。

 

 

な~んて、見切りの早いわたしが言っても説得力ないか(笑)

だけど頑固なんで。

同じ風景をずっと飽きることなく、見続ける特殊な能力があるし(笑)

一度好きだと思ったらずっと好き。

よっぽどのことがない限り、変わりません。

 

 

逆に一度嫌いだと思ったら永遠に嫌い(笑)

だから困っています。

今の仕事、ホント嫌だ!!

どうしたら好きになれる?

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA