事故って怖い(後編)

こんなことってある?

 

 

出店先に向かう途中、信号待ちしていたら追突されました。

車が修理から戻って一ヶ月たった頃です、

再び事故に遭いました。

 

もう…

なんて言ったらいいのかわからない。

 

 

再スタートを切ったばかりのことです。

怒りの矛先は、加害者に集中しました。

 

 

「あなたには関係ないことだけど、二度目なの!

つい最近、追突されてやっと修理から戻ってきたところなの!!

まだ事故処理終わっていないの!!なんてことしてくれたの?!

ぶつけたとき、あなた何してた?」

 

畳みかけるように言うと、若い男性は黙り込んでしまいました。

 

 

その日は土曜日ということもあり、

「保険会社と連絡がつかない、対応は月曜日にしてくれ」

と、加害者の代理店がわけわからんことを言ってきました。

 

 

「土日を避けて、事故が起きるわけじゃないでしょ?!今すぐ動いて!!」

わたしは怒鳴ったけれど、まったく相手にされない。

「できることとできないことがある」の一点張り。

のらりくらりとかわされ、涙が出てきました。

 

 

被害者なのに、なぜこんな思いをしなくちゃいけないのだろう?

 

 

悔しいけれど、わたしじゃ無理。

友人に事情を説明して、代理店と交渉してもらうことにしました。

 

 

わたしが泣いていたからビックリしたらしい。

友人はすぐやってきて、怒気をはらんだ声で代理店と交渉。

代理店が動かないなら直接加害者に責任をとってもらうと迫り、

代理店を引っ張り出すことに成功しました。

 

 

一応フランチャイズにも報告。

前回で懲りていたのでフランチャイズには頼まず、

代理店が紹介してくれた車屋さんに修理をお願いしました。

 

 

代理店いわく、

全国でもトップレベルの技術をもつ車屋さんだそうです。

おすすめするだけあって、

こまめに進捗状況を教えてくれるし、まったくのストレスフリー。

1週間もかからず修理が完了しました。

 

 

ちなみに追突された箇所は前回とほぼ同じ、

状況も酷似していて、

衝撃のわりには無傷、体のどこにも異常はありませんでした。

 

 

度重なる事故で心はすっかり折れていたけれど、

体が動くということは、動けということ。

代車の手配もネットで調べて、自分でやりました。

 

 

 

後に一回目の事故で加害者側の保険会社が、

代車のお金を支払うと言ってきた時のことです。

保険会社には気難しい会社なので、

直接のやり取りは控えてもらっていました。

 

代車のお金のことを担当に伝えたら、なぜか怒られました。

「絶対に電話をかけてくるなと伝えてほしい。代金はいらない。こちらは善意で車を貸しただけだ。もし、友達が事故にあって車を貸してくれと言ってきたら、お金をとりますか?」

 

 

…意味がわからない。

「善意」とか「友達」とか、およそカネゴンには似つかわしくない言葉。

わたしの脳みそは完全にショートし、

絹糸のような繊細な神経は焼き切れちゃいました(笑)

 

喜ぶことはあっても、

怒られるなんてまったく思わなかったので、ビックリしました。

 

 

移動販売という仕事柄、事故に遭う確率は非常に高い。

事故にあったときのことを考えて、

相談できる車屋さんや、営業できない期間中はどうするか?

考えておいた方がいいでしょう。

わたしの場合は、代車を見つけてクレープの道具を移動させればよかったけれど、

ピザ屋さんのようにピザ窯と車が一体化している場合は、

代車の手配ができません。

営業できないことになり、ましてイベントシーズン中に事故ったら泣くに泣けない。

知人のピザ屋さんは事故を想定して、2台稼働していました。

(営業が軌道に乗らないと難しいですけどね)

 

最悪を想定して考えておきましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA