事故って怖い(前編)

さて、これからヘビーな話をします。

 

 

開業して一ヶ月たった頃、事故にあいました。

出店した帰り、交差点で信号待ちのところ追突されたのです。

長年運転してきたけれど、事故にあうのははじめて。

何が起きたかわかりませんでした。

 

思考停止の状態でいると、若い女性が駆け寄ってきました。

「大丈夫ですか?!」

その声に現実に引き戻されました。

 

 

交差点のすぐ近くにはたこ焼き屋さんがあり、

とりあえずその駐車場に避難しました。

女性いわく、

咳き込んでいたらブレーキ踏むのが遅れた…らしい(笑)

 

 

当然事故の対応は、保険会社がしてくれるものと思っていました。

でもわたしの場合、過失がゼロなので保険が使えないとのこと。

自分で対応しろ、というのです。

ビックリしました。

そのかわり弁護士特約に入っているので、

弁護士さんに相談できると言われました。

 

 

ぶっちゃけ、過失があったほうが良かったんじゃない?

被害者って守られていないな…と思いました。

 

 

相手の保険会社には、

代車と修理の手配を早くしてくれるようにお願いをしました。

でも、まったく動いてくれない。

キッチンカーのように特別仕様の車は、

保険会社も対応しかねるみたいで…

逆に、行きつけの車屋さんがあれば紹介してほしいと言われました(笑)

行きつけ…って何?飲み屋?(笑)

 

 

結局、フランチャイズに代車と車屋さんを紹介してもらいました。

 

 

被害金額を計算したくても、開業したばかりで参考になる数字がなかったし…

頻繫にかかってくる保険会社の電話の対応に疲れ、

途中から弁護士特約を使いました。

はじめから特約を使わなかったのは、

敷居が高く感じてしまったから。

普通に生活をしていて、弁護士と関わることってまずない。

この程度のことで、

弁護士に相談していいかわかりませんでした。

 

保険会社が紹介する弁護士は、

奈良市(片道約1時間半)まで行く必要があったので、

近所の行政書士さんにお願いしました。

 

 

念のため、整形外科に行き診察してもらいましたが特に異常はなし。

とはいえ、かなりの衝撃があって、事故直後は手首が痺れました。

そのことを医者に伝えると、

「物損事故から人身事故へと切り替える場合、もう一度事後現場へ行き状況を捜査することになる。手間がかかるし、相手は免停や取り消しの処分になる。よく考えた方がいい」

 

 

…はじめ何が言いたいのか、わかりませんでした。

わたしはただ、手首が痛かったことを伝えただけです。

 

おそらく、人身事故に切り替えて慰謝料の増額を狙っている…

と疑がったのでしょう。

 

 

なんて失礼な人!

言葉の意味がわかり、非常に腹が立ちました。

わたしは加害者を苦しめるつもりはまったくないです。

悪意は感じなかったし、それはそれです。

 

 

第一、筋金入りの面倒くさがり屋。

慰謝料欲しさに人身事故に切り替え、通院するなんて面倒なことは考えません。

わたしの面倒くさがり屋は超一流。

なめるな!!

知ったらビックリするぞ(笑)

 

しかし…

体が動くから良かったものの、

動かなかったら…と思うとゾッとしました。

 

 

車の修理は、社長の知り合いの車屋さんにお願いしていましたが、

二週間過ぎてもまったく音沙汰なし。

担当には絶対に催促するな!と止められていました。

でも、最初の説明で車の修理は二週間ぐらいと聞いていただけに、

音沙汰ないと不安になります。

だから、催促の電話入れまくっちゃいました(笑)

 

 

そのうち電話がつながらなくなり、

ナビとグーグルマップで調べて突してやろうと考えた矢先、

車が戻ってきました。

 

 

催促しなかったら、一ヶ月で修理できなかったと思います。

 

 

修理から戻ってきて、

さあ!やるぞ!!

と思った矢先、二回目の事故にあいます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA