フェイスブック成功例

奈良県で行列のできるクレープ屋といえば、

「アルティメットクレープ」さん。

 

わたしも一度だけ、並んでみたことがあります。

店長はサービス精神旺盛な方で、

もう芸能人みたい(笑)

 

フェイスブックに力を入れていて、

確か登録者数が一万五千人を超えている?

 

とにかくすごいです。

 

 

クレープの紹介はもちろん、

イベントに出店したときの行列の様子や、

お客様のあふれる笑顔を

フェイスブックに載せていて、伝え方がうまいと思いました。

 

 

それと店長が他の人と違うのは、

自分を全面に押し出しているところです。

クレープより目立っているというか、

どっちが主役かわかりません(笑)

 

 

わたしも真似できたら良かったけれど、

性格的にムリ!!

あと、今までの仕事の経験上、

「主役は商品、脇役は人(販売員)」

という考えが定着していて、

自分を売り込むやり方は、受け入れられませんでした。

 

 

なぜなら、すごくエネルギーがいるし、

常に走り続けなくてはならない。

エネルギーが有り余っている人ならいいけど、

わたしのような省エネタイプはムリムリ(笑)

 

 

それに、販売員の仕事とは

  1. 商品の価値を広く伝えること。
  2. 商品とお客様を結びつけること。

であり、黒子に徹するべきだと考えていました。

 

 

はじめの購入するきっかけは、

販売員の感じが良かったから…とかでいい。

でも、きちんと商品の良さを理解させたうえで、

購入してもらわなくてはダメ。

 

 

金額の大小ではないけれど、

商品が高額であればあるほど、

「お気に入りの販売員が勧めたから買う」

では、ダメなんです。

トラブルの原因になりかねない。

まあ…クレープの場合、問題ないとは思いますけどね。

 

 

とにかく、目立つのがイヤなんです(笑)

ホント、致命的。

この仕事をはじめて、向いていないな…と何度も思いました(笑)

作るのは好きなんですけどね。

 

今回もまた内容とは関係ない (笑)

スタバ風です(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA