カノンに包まれて

重なるときは重なるもの。

 

ここ数日、空を眺める機会が多かった。

青く晴れ渡った空。

淡い光に包まれ、カノンの音色が聞こえてきそうな春の兆し。

 

会社の簡易PCR検査で陽性反応がでた翌朝、母から電話があった。

「おはよう。どうした?何かあった?」

「あったから電話したんだよ。お父さんがね、亡くなったの」

入浴中に眠るように亡くなったという。

寒い寒いと言って、一日に何度も入浴していた父。

警察や医者が来て大変だったらしい。

 

わたしは泣くかと思ったけれど、

「そうか。旅立ったのか…」

と思っただけで、悲しくはなかった。

これでようやく母は解放される。おそらく父も。

 

 

うちの両親は仲が悪くて、いつ別れてもおかしくなかった。

むしろ早く別れてしまえばいいと、けしかけたこともあった。

だけどお互いとても我慢強く、

特に母は経済力がないことを理由に踏みとどまってきた。

 

わたしはそんな二人の様子をみたくなくて、

家に寄りつかなくなった。

父の顔をもう何年もみていない。

 

結局、最期まで顔をみることができなかった。

娘のわたしには優しい…というか、甘い人だったけれど、

母にも同じように接してほしかった。

子供の母親であり、

人生を共に歩んできた人なのだから。

 

 

わたしはとても未熟で薄情な娘だった。

 

 

これからは神様にたくさんお願いをして、

父が光の道を歩めるように祈り続けます。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA