小規模事業者持続化補助金⑥

さ~て、本題に戻りますよ~

 

ニンジン茶、成分分析に出しました!

分析会社の方はとても感じが良くて、

「基本栄養成分って分析する必要あるのでしょうか?ほぼゼロですよね?」

「カロテンだけ調べたいんですけど、その表示だけ載せるわけにはいかないものなのでしょうか?

「一日中分析しているわけではないでしょう?かかる日数短縮していただけませんか?」

などと、無茶ぶり発揮しても穏やかに対応してくださいました。

 

業界のことを知らないからこそ言える素人の強み!

…でもね、相手に事情があるように私にも当然事情があるわけですよ。

先日、大淀商工会から

焙煎機、成分分析、チラシの代金を今月末までに振り込むことと、

一連の必要書類を用意してほしいと電話があり、

「何とかする」と答えたものの、内心めちゃくちゃ焦っていました。

『今月末までに振り込む』

つまり、すべてを終わらせろということ。

 

 

今回補助事業に申し込んだのは初めてのことで、慣れないことの連続でした。

焙煎機、成分分析、チラシのそれぞれに、

見積書、発注書、受注確認書、納品書、請求書、振込明細書…という書類が必要で、

郵送でのやり取りが基本。

もちろん、申請する人間の当然の義務だとはわかっている…

わかってはいるけれど、複雑で時間がかかるため、とても負担に感じていました。

 

チラシの原稿はほぼ出来上がり、あとは成分分析の結果を待つだけ。

結果の良し悪しで掲載するかしなかを決めるため、成分分析が終わらなければチラシも頼めない。

…どうあがいても今月末までに片付けるのは無理だなぁ…

 

仕方なく大淀商工会の担当者に事情を説明し、今月は無理だと伝えました。

そしていつまでに片付ければいいのか聞いてみたが、具体的な日付は決まっていないという。

私の予定では最悪、12月中旬までに終わらせる段取りでいたし、ギリギリOKだと思っていたがそれではマズイらしい。

 

まぁ…最後バタバタするのは想定内、いつものことなんだけどねぇ(笑)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です